歌詞

天塩川

水森かおり

作詞
木下龍太郎
作曲
弦哲也

旅の終りは 一番遠い

駅を選んだ 時刻表

愛の残りを 捨てに行く

稚内行 宗谷本線

つらい私に つき合うように

窓の下には 天塩川


積み木細工ね しあわせなんて

支え切れない 崩れたら

たとえ一度は 繋げても

日が経てばまた 糸は解(ほど)ける

憎めないから なおさら憎い

顔を浮かべる 天塩川


北のはずれの 終着駅は

先へ乗り継ぐ 汽車はない

旅の終りは もう近い

稚内行 宗谷本線

切れぬ女の 未練のように

つかず離れず 天塩川

提供: うたまっぷ