歌詞

鳥の詩

杉田かおる

作詞
阿久悠
作曲
坂田晃一

あなたがいた頃は 笑いさざめき

誰もが幸福に見えていたけど

人は人と別れて あとで何を想う

鳥は鳥と別れて 雲になる 雪になる

私の心が空ならば必ず真白な鳥が舞う

鳥よ 鳥よ 鳥たちよ

鳥よ 鳥よ 鳥の詩


あなたを想うのは 日ぐれ時から

あたりが夕闇に沈む時まで

人は人と別れて 夜にひとり迷う

鳥は鳥と別れて 月になる 風になる

私の心が水ならば必ず北から鳥が来る

鳥よ 鳥よ 鳥たちよ

鳥よ 鳥よ 鳥の詩


あなたはいつの日か 巣立つ私を

静かな微笑みで見つめてくれる

人は人と別れて 愛の重さ覚え

鳥は鳥と別れて 春になる 秋になる

私の心が湖ならば必ずやさしい鳥が棲む

鳥よ 鳥よ 鳥たちよ

鳥よ 鳥よ 鳥の詩

提供: うたまっぷ