歌詞

黒いシミ

スガシカオ

作詞
スガシカオ
作曲
スガシカオ

黒いシミみたいに

油がしみこんだ路地で

君を抱きしめる

河のすえた臭いが

T-シャツにこびりついてやしないかな・・・


君がずっと顔に ハンカチあててる理由は

ぼくの街や河の臭いが たまらないわけではなくて

たぶん 春の花粉のせい


黒いシミのように

ぼんやりとぼくらの心は

いつもくすんでいた

大切なことさえ

誰かに言われないと気づかない


去年と同じ ヒザのぬけたパチもののジーンズ

君が一人だけで 先に大人になってしまうのかな

たぶん 春の風とともに


ぼくらの毎日はすこしずつ 河の流れのように

何も変わらないようでいて本当はすごいスピードで

変わってしまう・・・


ぼくの足がからんで 道に倒れるまで走ったら

この街の向こうへ 自由へ 君を連れて行けるかな

たぶん 春の夢のように

提供: うたまっぷ