歌詞

十四時過ぎのカゲロウ

キリンジ

作詞
堀込高樹
作曲
堀込泰行

水辺の生き物

だから陸では生きてゆけない

気がしている

飛び込み台に立った瞬間に

僕が僕であるということを

忘れられるんだ


ロッカールームの薄暗がりで

シャツを脱いで

密かに生まれ変わるのさ


欲しいものは見えている

水の中に漂っている

それは身体だけが知っている

All I want is just truth


小麦色の肌を滑る

水飛沫の行方を教えてよ、女子!

ひたすらに泳いだ後は

筋肉の翅が生えている

赤い背中に


夕陽の中で考えている

明日の朝に

世界は脱皮するのかと


欲しいものは見えている

水の中に僕の影を追う

捕まえたと思えば逃げてる

All I want is just truth


十四時過ぎの陽炎

プールサイドは地獄より熱く

水を切り裂く音だけが

響きわたる夏


欲しいものは見えている

水の中に僕の影を追う

捕まえたと思えば逃げてる

All I want is just truth

欲しいものは見えている

水の中に漂っている

それは身体だけが知っている

All I want is just truth


心ならもう決まってる

僕の前を僕の影が往く

遠く遠く遠く遠く

遠く果てる日まで

ああ、泳ぐだけさ

提供: うたまっぷ