歌詞

RED SHOES STORY

尾崎豊

作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊

昔の事なんかもう忘れちまいたいよ

これでも昔は随分気取ってたのさ

慰めた女 慰められた男 酔いどれて演じては

逃れようもない様な ダンスに明け暮れて

行き着けの店には毎晩顔出してさ

くどかれたりくどいたり 何時もの曲に合わせてさ

でも本当は酔ってるから顔もはっきり覚えちゃいねぇ

夢心地 幻 夢中で愛してた

自慢にもならねえのによ

朝日はアスファルトに寝ころぶ俺をつつきながら

ベットに辿り着く俺は旅に出る夢を見てた


儲け合ったやつらとも今じゃ遠い縁になってさ

色々覚えたよ 上手くはめられたのは誰

ヤキが回ったぜ おまえも俺も

どうなって行くのか どうすりゃいいのか ああ 用心にこした事はねぇ

もう誰も信じやしないと よくある事さ

あんたも同じ傷みを背負ってたってね 結局はビジネスさ

あるところじゃ子供騙し 嘘だけの言葉に

誠実に答えても 互いに疲れちまうのさ

なぁ 俺の置き忘れてきたギターはまだあるかい

返してくれねぇかい もう貸し借りはねぇぜ


気をつけた方がいいぜ 若者よ

負い目を背負って生きてくなんて まっぴらだぜ

上手い話なんてあるもんじゃないさ

誰もかれも責任逃れ 知り尽くした顔して

弱みに付け込んで笑ってら 笑ってら

頭じゃ分かってる事も体が付いてかなくてよ

きらびやかな夜の街にのこのこと出かけて

朝になればうらぶれた 裏通りの街の被害者

だけど俺は知ってるぜ 次の仕事に間に合うまでの

寂しいゲームだと


心の傷アルコールで癒して 何処から何処まで行けばいい

愛しいおまえ 受け止めるまで この旅は続くのさ


Lai la lai la la la la la....

提供: うたまっぷ