歌詞

四季ノ唄

MINMI

作詞
MINMI
作曲
MINMI

また夜が明ければお別れ

夢は遠きまぼろしに

あなたを追いかけていた光の中で

抱かれるたび 温かい風をたより


春を告げ 踊り出す山菜

夏を見る宇治 野原唐草乾くわ

秋の月登った まん丸さ お祝い

冬を過ぎまた 月日を数える


まだまぶたの奥にある いつかの夏

遠すぎた青空(温かかった)

手をつなぐ 花摘みうたう

いつや思い出(あてはなく)

葉月から三月 雲とからむ月

もういつか帰らぬことに

目覚めた時 一人気付き

あなた探す旅に

今呼び覚ます 記憶の中で

いざ歩き出す あなたのもとへ


また夜が明ければお別れ

夢は遠きまぼろしに

あなたを追いかけていた光の中で

抱かれるたび 温かい風をたより


春を告げ 踊り出す山菜

夏を見る宇治 野原唐草乾くわ

秋の月登った まん丸さ お祝い

冬を過ぎまた 月日を数える


君によりなな 日向かた寄りに

君に見た花の薫り 形見に

結びゆく道あらば また帰りみむ

流るる涙 止めそかねつる


追い風叫ぶ

静寂を壊すの

何も恐れず進むの

黄金の花が運ぶの

優しさにあなたに ふたたび会いに

今 静寂を壊すの

何も恐れず進むの

黄金の花が運ぶの

優しさにあなたに ふたたび会いに


春を告げ 踊り出す山菜

夏を見る宇治 野原唐草乾くわ

秋の月登った まん丸さ お祝い

冬を過ぎまた 月日を数える


春を告げ 踊って山葉

夏を見る宇治 野原唐草乾くわ

秋の月登った まん丸さ お祝い

冬を過ぎまた 月日を数える


また夜が明ければお別れ

夢は遠きまぼろしに

あなたを追いかけていた光の中で

抱かれるたび 温かい風をたより

提供: うたまっぷ