歌詞

月のない夜 道のない場所

Crystal Kay

作詞
Saeko Nishio
作曲
Yusuke Asada

真夜中すぎの窓辺で 痩せた三日月を眺めてぼんやり している

カーテンが揺れてる 誰かの聞く ラジオが聞こえてくるよ どこから


くじけそうな時には 君のことばかり考える

強がりな顔に 雲になって会いに行きたい


いつでも側に感じている

離れてるほどになんだか近くに

たとえ月の出ない夜だって

君を想えば照らされる


あの日出かけた丘には 桃色のコスモス 溢れ 身動き とれない

ここからも夕焼け 見えるなんて気づかず 立ち尽くしてた いつからか


遠い未来の今日は どんな景色にいるのだろう

わがままな瞳 風みたいに自由にいたい


どこかできっと見つけられる

かけがいのないもの 夢中になれること

たとえ道さえない所でも

夢を探せば迷わない


花のように笑い 鳥のように歌いたい いつか


いつでも側に感じている

離れてるほどになぜだか近くにいる

たとえ月の出ない夜だって

君を想えば照らされる

夢を探せば迷わない

提供: うたまっぷ