歌詞

雨ふらし

Cocco

作詞
こっこ
作曲
こっこ

その頬は

刺すように

わたしを撫でるけど


胸の谷を

通り過ぎてしまう

離れてしまえば


ここにあるのは

わずかな雨水


ひとつだけ

確かに感じたい

今だけでいいから

重ねて

偽りも 目を開けて

信じましょう

青空が似合う

あなたにも

雨は降る


この指は

噛むように

あなたを舐めるから


汚れた手を

きれいに洗うの

もげてしまうまで


重くあるのは

つめたい足枷


零れてく

こうして溢れてく

飽きもせず

わたしを照らす

聞こえない

それでも叫びたい

届かない

遥か 日溜りに

手を伸ばす


わたしはまた

雲を呼んでしまう

あなたの靴は

汚れてしまう


愛しい人よ

わたしに光を 望まないで


ひとつだけ

確かに感じたい

今だけでいいから

重ねて

偽りも 目を開けて

信じましょう

青空が似合う

あなたにも

雨は降る


零れてく

こうして溢れてく

飽きもせず

わたしを照らす

聞こえない

それでも叫びたい

届かない

遥か 日溜りに

手を伸ばす

提供: うたまっぷ