歌詞

幸わせの小道

Cocco

作詞
こっこ
作曲
柴草玲

きっと あの小道で

2人は生きている

幸わせの小道で

ダンスをしているわ

ああ だって 耳を澄ませてみてよ

ああ だって 天国だって見える


彼女は 深い森の奥

軽やかに 風に揺れながら

茶色い やわらかい髪を

太陽に 遊ばせていた

運命的に若者は恋におちた

街へ連れ去り 一緒に居られたらと

愛を語った


木もれ陽に じゃれる天使に

近づいて 口づけをした

愛らしい 小さな乳房は

ハチミツのように甘かった

他の女は要らないとさえ想った

それは童話のお話のようだった

眩しいぐらい


きつく抱きしめ合い

2人は生きていた

幸わせの小道で

ダンスをしていたわ

ああ まるで 美しい絵のような

ああ まるで アダムとイヴのように


街へ出て暮らし始めると

ネオンやらレコードやらが

どこにでも 散らかっていて

お互いの意味さえ ぼやけた

人の噂は電話から聞こえるけど

森の息吹はどこからも聴こえないと

娘は泣いた


ある日 馬車に乗って

森へと帰るため

雨にキスしながら

手を繋ぎ急いだ

ああ はねる泥と濃い霧が

ああ 2人天国へと招いた


だけど あの小道で

2人は 生きている

幸わせの小道で

ダンスをしているわ

ああ だって 耳を澄ませてみてよ

ああ だって 天国だって見える

提供: うたまっぷ