歌詞

遺書。

Cocco

作詞
こっこ
作曲
成田忍

私が前触れもなく

ある日突然死んでしまったなら

あなたは悲しみに暮れては

毎晩 泣くでしょう。


2人で行くはずだった島と

夜景の綺麗な坂道

叶わぬ明日の地図を見て

自分を責めるでしょう。


骨埋める 場所なんて いらないわ。

大事にしてたドレスも、

写真立ても、

ひとつ残らず焼いて。


そして灰になった

この体を

両手に抱いて、

風に乗せて

あの海へと

返して下さい。


例えば何かがあって

意識さえ無い病人になって

あなたの口づけでも

目覚めないなら お願いよ。


その腕で終らせて

そらさずに最後の顔 焼き付けて

見開いた目を 優しく伏せて。


そして灰になった

この体を

両手に抱いて、

風に乗せて

あの海へと

返して下さい。


いつか誰かまた求めるはず。

愛されるはず。

そうなったら幸せでいて。

だけど、私の誕生日だけは

独り、あの丘で泣いて。

裸のまま泳いだ海。


私を 想って。

提供: うたまっぷ