歌詞

雨を見くびるな

キリンジ

作詞
堀込高樹
作曲
堀込高樹

あぁ、口づけで責めてみても カエルの面にシャンパンか

舌を噛むなんてヒドいな ご挨拶じゃないか

みろ、曖昧な笑みが浮かぶ あらかじめの嘘の果てか?

まばたきがいやに少ないぜ 悪意の波長は荒れ模様


街の灯が水に滲んでゆく「夜中には止む。」

この雨を見くびるな みぞおちを触んでゆくだろう

深く深く


二人はいさかいのポーズのまま 裏腹の筋を違えた

逆さ言葉で逆撫でて 夜は軋みをたてる

秘密と嘘のゲームは 昔の歌でけりがつく

化粧は静かに雪崩て 悪意の波長は荒れ模様


街の灯が水に滲んでゆく「夜中には止む。」

この雨を見くびるな みぞおちを触んでゆくだろう

深く深く


もう、憂鬱はいつものように 優しく包んでくれやしない

低い温度でゆっくりと 僕らは火傷をしたんだ


街の灯が水に滲んでゆく「夜中には止む。」

この雨を見くびるな みぞおちを触んでゆくだろう

深く深く


雨を見くびるな

街の灯が水に滲んでゆく「夜中には止む。」

この雨を見くびるな みぞおちを触んでゆくだろう

深く深く


雨を見くびるな


この雨を見くびるな

提供: うたまっぷ