歌詞

夏・ハナビ・17才

175R

作詞
SHOGO
作曲
SHOGO

夜空に見えるあの花火を

探していたあの日の僕ら

もっと遠くまで走っていけば

追いつきそうな気がして


何もかもが愛しくて 君の顔を見つめてた


何もなくてもきっと良かった

くだらない事で二人笑えた

さびた自転車カギをなくして

はしゃいでる僕らがいた


カギを探す事よりもっと大切なモノ探してた


二人の夏がやがて思い出に変わってく時

遠い空を眺めた僕らは笑えるのかな


二人で行った夏祭りで

人ゴミの中つないだ手と手

離さないように 強く握った

時よ止まれと願った


流れていく雲見つめ 夏の終わり感じてた


全てがうまくいくと思ったあの夏の日

季節が変わるように 僕らも変われるのかな


二人だけの広い海 夜空を見上げて僕らは笑う

何もかもが楽しくて二人花火眺めてた


どこまでも続く遠い夜空の下で

時間を忘れたように 僕ら走り続けた

全てがうまくいくと思ったあの夏の日

どこまで追いかけても遠くに見えた花火


二人笑いあった

夜空に消えていった あの夏の日

提供: うたまっぷ