歌詞

雨踏むオーバーオール

aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO

あたしは あなたに見返りを期待してたかな?

見つめてほしい抱きしめてほしい騙したりしないで

小さな真実に希望を託しすぎたかな?

この世に生きてる限り出来れば笑いたいし


ただ ただね あたしだけが好きなのかなって

そんな事考えてきりのない時は過ぎて


雨降る夕方の道路で長すぎるたるんだオーバーオール

雨踏む裾がゆっくりと冷たくなって

なんか痛い


この目に見えない気持ちを信じられたのは

愛する自信ゆるぎない誇りが胸にあったから

だけどそんなものどこで覚えて来たんだろう

一体そんなのどこで探して来たんだろう


遠くから見つめているあたしがいたって

気付かないあなたの足元は止まらなくて


濡れた髪の毛乾かして明ける事忘れた暗い夜

不安を打ち消すように背伸びしてた

すごく痛い


雨降る夕方の道路で長すぎるたるんだオーバーオール

雨踏む裾がゆっくりと冷たくなって


濡れた髪の毛乾かして明ける事忘れた暗い夜

不安を打ち消すように背伸びしてた

すごく痛い

提供: うたまっぷ