歌詞

夏の魔物

スピッツ

作詞
草野正宗
作曲
草野正宗

古いアパートのベランダに立ち

僕を見おろして少し笑った

なまぬるい風にたなびく白いシーツ

魚もいないドブ川越えて

幾つも越えて行く二人乗りで

折れそうな手でヨロヨロしてさ 追われるように


幼いだけの密かな 掟の上で君と見た

夏の魔物に会いたかった


大粒の雨すぐにあがるさ

長くのびた影がおぼれた頃

ぬれたクモの巣が光ってた 泣いてるみたいに


殺してしまえばいいとも思ったけれど 君に似た

夏の魔物に会いたかった


幼いだけの密かな 掟の上で君と見た

夏の魔物に会いたかった

僕の呪文も効かなかった

夏の魔物に会いたかった

提供: うたまっぷ