歌詞

あのときの空

KinKi Kids

作詞
知野芳彦
作曲
知野芳彦

溶けてしまいそうな真夏の午後 空には雲などなくて

あきらめの悪い天使達が 木陰でもがいてる


あの頃の僕は何も言えずにいたけど

それぞれの未来歩いてみても 何か足りないよ


いつものように笑っててよ 昔も今も変わらずに

二人で見たあの空を僕は 忘れられずにいる


からみつきそうな陽射しを浴び 匂い立つ道に立って

光と影の織りなす模様に 君を思い出す


あの頃のように君を求めてみたけど

遠い砂漠の出来事みたいに 遥か霞んでいく


いつものように笑っててよ これから先も変わらずに

二人で見た夕暮れをずっと 忘れられずにいる


誰も入れない 弱い笑顔

それでも僕は 分かってるつもりだったのに


あの頃の僕は何も言えずにいたね

それぞれの未来歩いてみても 何か足りないよ


いつものように笑っててよ 昔も今も変わらずに

二人で見たあの空を僕は 忘れられずにいる


いつものように笑っててよ これから先も変わらずに

二人で見た夕暮れをずっと 忘れられずにいる

提供: うたまっぷ