歌詞

ふらいんぐ・ぴーぷる'99

KinKi Kids

作詞
戸沢暢美
作曲
飯田建彦

せぇので始まる

この社会のしくみに

タテつくアイツは

くやしいけどステキさ


チャレンジしてなきゃ

君だって輝かない

臆病なんて時代遅れ

早く気づいて


あっつい気持ち ブラの下で

燃えてる街角

迷う前に

君だけのスタート切れよ


太陽にあおられて

僕らは Flying する世代

先走りなハートに

何か見えてくる

太陽がのぼるように

ひとりで Flying していいよ

人と同じじゃない

君が生まれる


夢見る自由は

ときどき落ち込むから

夜明けに眠れず

全速で走った


歯磨きしながら

身じたくする月曜

髪を切って 気合い入れた

君に逢いたい


ショックな恋のワナが 僕を

まちぶせしてても

愛したから

並んで立つ未来思う


太陽にあおられて

若さは Flying する火照り

ちがう 今を すぐに

始めたくないか

情熱にせかされて

ひとりで Flying しているよ

本気じゃなきゃこんな

パワー出ないさ

勇気 出ないさ


太陽にあおられて

僕らは Flying する世代

先走りなハートに

何か見えてくる

太陽がのぼるように

ひとりで Flying していいよ

みんなオリジナルの

日々を生きてたい

情熱にせかされて

僕らは Flying してしまう

それはステキなこと

ちゅうちょしないで

情緒次第で

逃避しないで

提供: うたまっぷ