歌詞

鈴虫を飼う

スピッツ

作詞
草野正宗
作曲
三輪徹也

天使から10個預かって

小さなハネちょっとひろがって

膝を抱えながら 色のない窓をながめつつ

もう一度会いたいな あのときのままの真面目顔


鈴虫の夜 ゆめうつつの部屋

鈴虫の夜 一人きりゆめうつつの部屋


前うしろ前 転がった

なぜだろうまだ気になった

乗り換えする駅で汚れた便器に腰かがめ

そいつが言うように 見つけた穴から抜け出して


鈴虫の夜 ゆめうつつの部屋

鈴虫の夜 一人きりゆめうつつの部屋


油で黒ずんだ 舗道に へばりついたガムのように

慣らされていく日々にだらしなく笑う俺もいて


鈴虫の夜 ゆめうつつの部屋

鈴虫の夜 のどぼとけ揺れて

鈴虫の夜 ゆめうつつの部屋

鈴虫の夜 一人きりゆめうつつの部屋

提供: うたまっぷ