歌詞

TWO

CHEMISTRY

作詞
YAMADA NORIKO
作曲
HARA KAZUHIRO

瞳閉じれば 浮かぶ笑顔

電話かけようとしたけど やめたよ

情けないぼくは 膝かかえて

ひとりの弱さに くじけてしまいそう


あの頃ふたりで聴いたメロディが

近頃なぜかいとおしい

桜が咲いて緑あふれ

また春がめぐり来る


ひとりになる季節 ひとはやっと気づく

ふたり別々の道を歩みだす意味を

ぼくらをつなげた あの春の匂いは

この胸に秘めて いまは歌うだけ


終わりはたぶん 始まりさ

また春がめぐり来る


心焦がしたこともあった

涙わかち合ったことも覚えてる

見た目は違う ふたりなのに

そばにいるだけで 気楽になれたね


きっと… Oh 今ならば昔よりも

もう少しわかり合えそうさ

君と出会って そして別れ…

あの春がめぐり来る


ひかり満ちる季節 ひとはやっと気づく

たとえ離れていたって ひとつになれること

ぼくらが出会えた きらめく奇跡は

大切に抱いて いまは歌うだけ


終わりはたぶん 始まりさ

また春がめぐり来る


ふたりに違う未来がきたって

ぼくらは変わらずに… Wooh…


終わりはきっと 始まりさ

また春がめぐり来る

提供: うたまっぷ