歌詞

Motherland

CHEMISTRY

作詞
ASADA SHINICHI
作曲
MATSUURA AKIHISA

どこまでもつづく夢 カケラ集めて

息することも忘れそうになってた


気がつけばすぐそこで 明日が待ってる

このまま夜が終わらないといいのに


うまれた街並みに 背を向けてはじめて

あなたからのやさしさが 僕の心しめつける


未来に待ち焦がれ見下ろした ひとつだけ心に焼きつけた

歩道橋からの夕暮れは 枯れ草色に染まってますか


この部屋に最初の冬が来て あざやかに世界は色づいて

今度帰る時にはきっと照れずに 感謝してるとありがとうと言える


押し込めた気持ちすら 吐きだせなくて

近頃うまく笑えないことばかり


暗い部屋にともる 留守電に残された

呼ぶ声さえこの胸の いちばん奥をかすめてく


靴を脱ぎ夢中で追いかけた 空の下気ままに吹いていた

河原の風は今も シロツメ草を揺らしてますか


この街に毎年春が来て 少しずつ確かに時代は過ぎて

あなたに降る未来に息づくものが ただ陽だまりにつつまれますように

提供: うたまっぷ