歌詞

季節の窓で

森山直太朗

作詞
森山直太朗/御徒町凧
作曲
森山直太朗

雨に降られて 君を感じた

夕焼けも月も明日さえもが目に見えなくて


雨に降られて 時計が濡れた

君もまた同じ気持ちなんだと分かる気がした


見上げた空は 鈍色深く染まる

雨に降られて 君を感じた


風に吹かれて 君を愛した

傷付き歩む 後ろ姿が眩しかった


風に吹かれて ピアスが揺れた

僕はまだ生きるべき道さえも見付けられずに


見上げた空に 飛行機雲一つ

風に吹かれて 君を愛した


見上げた空は 鈍色深く染まる

雨に降られて 君を感じた

提供: うたまっぷ