歌詞

なんにもないへや

森山直太朗

作詞
森山直太朗/御徒町凧
作曲
森山直太朗

なんにもないへやのなかでぼくは

からっぽのぎゅうにゅうパックをすすっていたんだ

もうきみをわすれたはずなのに こころくるしくなる


なんにもないへやのなかでぼくは

さいほうそうのテレビドラマにはまっていたんだ

かこにいちどみたはずなのに またなみだしてる


いつかときがきたら

ぼくはまどを まどをあける


なんにもないへやのなかをぼくは

ありもしないじぶんらしさでかざってしまうんだと


なんにもないへやのなかでぼくは

おんぷのないメロディーをくちずさんでいたんだ

あえてけいようするならば むねがシクシクなくうた


なんにもないへやのなかでぼくは

かたちのないペンでつづっていたのさ

つまるところむそうばかり たまにむなしくもなる


いつかときがきたら

ぼくはまどを まどをあける


なんにもないへやのなかにぼくは

とりとめのないいきるいみなんぞをさがしてしまうんだよ


いつかときがきたら ぼくはへやを このへやをすて

まちうけるこんなんなひびのなかを

やるかたないかおであるいていくんだよ


まちうけるこんなんなひびにぼくは

かけがえのない仕合せをかんじていくんだよ

提供: うたまっぷ