歌詞

例えば友よ

森山直太朗

作詞
森山直太朗/御徒町凧
作曲
森山直太朗

呼ぶ声がする 彼方大地の静寂から

たぶん何かの間違いだけれど


野花と僕は苛々していた

たぶん何かに嫉妬したから


考え過ぎなんだよ 浮き雲は僕に言うけれど

自由気のまま 時にそれこそ難しく


今僕らは 変わらない時代の尖端で

戸惑いながらも 未来へと続く扉を叩く

例えば友よ 隣の芝が気になったら

よく見てみろよ 何もないだろ


手を伸ばせば 大抵そこは薮の中

地球儀の上に埃は積もる


流行歌には 群がる蜜蜂愛らしく

乾いた唄は魚の餌にちょうどいい


走り出せばいつも 靴紐は解けるけれど

轍に浮かぶ 御先祖様の呆れ顔


今僕らは 慌ただしい歴史の隅っこで

はにかみながら 夜な夜なコンビニで立ち読みしてる

例えば友よ 誰かに詰られたとしても

詰り返すことなかれ 限がないから


今僕らは 変わらない時代の尖端で

戸惑いながらも 未来へと続く扉を叩く

遍し空へ 偉人たちの涙を胸に共に羽ばたこう

今じゃないけど 時は来るだろう

例えば友よ

提供: うたまっぷ