歌詞

旅立ちの朝

森山直太朗

作詞
森山直太朗/御徒町凧
作曲
森山直太朗

日が昇る前に 君の眠るこの部屋を出よう

誰にも気付かれないように

有りっ丈の小銭を握り締めて


背負い込み過ぎた 荷物は全部置いて行こう

結局何の役にも立たない物だから

無人駅のホームに立って なぜだろう僕は自分の名前を呟いた


嗚呼 時はいつもあっという間にただ過ぎてゆき

頼りなくちっぽけな僕の背中を 追い越してゆくんだ

だから僕は今日も 朝日を見上げては笑うんだ

大きな声で自分を笑い飛ばすんだ

旅立ちの朝に


君が今も 静かな眠りの中にいることを願う

決して何にも妨げられずに

車輪のない列車に乗って 旅人は旅立ちの理由を考えた


嗚呼 時はいつも会いたいと思う故の寂しさを

思うように君に伝えられずに 傷付けてしまう

そして時がいつか 僕を許してくれるその日まで

声なき声で君に語り続けよう 罅割れた空


嗚呼 時はいつもあっという間にただ過ぎてゆき

頼りなくちっぽけな僕の背中を 追い越してゆくんだ

だから僕は今日も 朝日を見上げては笑うんだ

大きな声で自分を笑い飛ばすんだ

暁光の中の 旅立ちの朝に

提供: うたまっぷ