歌詞

Swing

ポルノグラフィティ

作詞
岡野 昭仁
作曲
岡野 昭仁

君はあの日何も言わずに飛び出して行った

通り雨の湿った風 僕は揺れた


ふたりはきっと確かな時間重ねたはずさ

もうここから生まれるものはないだろう?


窓をたたく雨音は弱まって少しずつ姿あらわす現実

もう濡れる事のない赤いサンダル残して行った


雨が止んで賑わう街に君の声はもう響かない

何も出来ず僕はひとりここに佇んで居ただけさ


慌しく過ぎ去ってゆく日常の中で

薄れてゆく だけど消えない記憶なのさ


君と僕でかわした言葉達はいったい何処へ行ってしまったんだろう?

迷子になっているのならば帰ってこなくていいよ


結局ふたりは空っぽだったね何にも満たされることはなく

通り雨がすべて流し儚き幻になればいいさ


ゆらゆらと揺れるあの虹も 時が経てば消えてゆくもの そうだろ?


君は自分の答え探し求め歩き始めたんだろう

僕は晴れた空を眺めて思う強がりでもいいから

相も変わらず煙草吹かしゆっくり僕のままで居るんだ

もうすぐ雨は乾いてゆくよ そしたら君を忘れてしまおう

提供: うたまっぷ