歌詞

月飼い

ポルノグラフィティ

作詞
新藤晴一
作曲
Tama

月を飼うのと真夜中に

水槽を持ち出して窓辺に置いた

いとも簡単に捕獲された

小ぶりな月が水面に浮かぶ


飽きもせずに触れもせずに君は眺めていた


東から漕ぎだした舟は

やさしい夜風を受けて

西へ行く遥かな時間を

たゆたう想いを乗せて


大事にしてねと月を残し

別れも告げずに君はどこへ

月と僕とがふたりきり

朝陽がさしたら ひとりきりで


君とならば行けると思っていた暗雲の先


朝が嫌い 君が言ってた

全てを白々と見せる

はじらう夜 ウソも痛みも

綺麗に隠してくれる


窓の外に水を捨てた 月を空にかえした


東から漕ぎだした舟は

やさしい夜風を受けて

西へ行く遥かな時間を

たゆたう想いを乗せて


恋人よ 最後の恋人

その舟にちゃんと乗れたかい

恋人よ 僕も向かおう

歩くスピードで近づこう

提供: うたまっぷ