歌詞

LION

ポルノグラフィティ

作詞
新藤晴一
作曲
TAMA

世界中の臆病者はきっと僕に味方する

互いの手の中に握られたその石を投げよう


僕があの人の靴を盗んだ

さわりごこちのいいスエードのパンプスを

ひどくむし暑い六月の日のこと

わけもわからず君の靴が欲しかった


ひとしきりヒステリックにわめいた後で

おじけずき逃げだした狭い狭いエレベーター


世界中の臆病者はきっと僕に味方する

互いの手の中に握られたその石を投げよう


赤いトマトでパスタを作ってると

まどの外をあの人が歩いていく

靴を失くした裸足の足音は

いつもより嬉しそうに聞えた


どれだけこの僕が傷ついているか

教えてあげよう深い眠りの夜明け前


世界中の臆病者はきっと僕に味方する

互いの手の中に握られたその石を投げよう


十字架をまねて目を閉じた

何んにも見えず勇気そがれて

舌打ちするのもあきたし

この腕ひきちぎって鳥になりたい

提供: うたまっぷ