歌詞

ベストピクチャー

BUMP OF CHICKEN

作詞
Motoo Fujiwara
作曲
Yoshifumi Naoi

坂の下の 安アパートが僕の家

隣のビルのせいで 日が当たらない

宝物の電気スタンド・筆・机

空腹も忘れて ひたすら絵を描く


こんな家に住み こんな暮らしがしたい

なんて事を キャンバスに塗りたくる

流す涙も タメイキすらも


「ねぇ 僕ここで生きてるよ まだ絵を描いてるよ

ねぇ そこからは僕が見えるの? 僕を認めてくれるの?」


坂の上の お城みたいな僕の家

雲の上のような 日の当たり具合

宝物の 地位と名誉と満足感

失くす事 恐れて ひたすら絵を描く


「こんな風にしろ」と 筆も心も 何かに縛られたまま

キャンバスを塗りつぶす

流す泪や タメイキの色で


「ねぇ 僕どこで生きてるの? なんで絵を描くの?

ねぇ あなたには僕が見えるの? 僕を笑ってくれるの?」


宝物は何だっけ?

思い出せず苛ついて 折ろうとした筆が こう言った気がした

「ずっと見てたよ 絵が好きなんだろう?」


「ねぇ 僕ここで生きてるよ まだ絵を描いてるよ

ここからは何が見えるの? 僕が描かずにいられない景色!」

「ねぇ ほら 見てくれよ! 生きてるんだよ?

だって 絵を描いてるんだぜ!? あなたにも見えるでしょう?」


ベストピクチャー

ベストピクチャー

提供: うたまっぷ