歌詞

aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO

雨が降れば猫は泣く 濡れた身体を誰かになめて欲しいから

あたしだって思うわ あなたにこの舌をなめて欲しいって


心なしか近寄ったら もう後戻りは出来ないんだ

地球儀の鍵はあたしが握る

少し位なら抵抗してもいいよ


あなたを好きになった事 そのつど涙を流したのも

もういいよ それなりに・・

あなたを好きになった事 あたしが1人じゃないって

大事な印になるって 知ってた?


あたしがつける香水のにおいも

あなたと過ごす時のせいで

かき消されて最後に気付く 袖に付いたあなたのにおい


突き抜けてしまえばいいわ 大人だからなど関係ない

あなたの胸の上で眠る そんな事毎日考えては


あなたを好きになった事 そのつど涙を流したのも

うんと深いあたしの愛のせい

電車がなくなる夜も 離れずこのまま傍にいて

この爪の先にいるのは あなただけ


心なしか近寄ったら もう後戻りはできないんだ

地球儀の鍵はあたしが握る

少し位なら抵抗してもいいよ


あなたを好きになった事 そのつど涙を流したのも

もういいよ それなりに・・

あなたを好きになった事 あたしが1人じゃないって

大事な印になるって知ってた?

提供: うたまっぷ