歌詞

帽子と水着と水平線

aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO

それは偶然で あの日雨が降ったから

君に逢った あの日雨が降ったから


青の水平線に晴れた空が 落としていったもの

鮮やかな夕日を見て


もう始まっていた あっけなく好きになっていた

赤い帽子のツバが曲がって 隙間から覗く

大きな瞳に夜が来たとしても

風が吹いてもあたし目が離せない


耳の中には星の砂の忘れ物

足首には約束の黒いひも


早くこっちにおいで 離れちゃだめさ

危ないよ気を付けて この手を離すな


もう始まっていたあっけなく好きになっていた

赤い帽子を風が弾いて くるり宙返り

目指す空の下 色違いの指先

全部君にあげるよ さぁ目を閉じて


背中の水着の跡 もう一度焼き直そうか

小さな屋根の下で 寄り添ったままいようか


もう始まっていた あっけなく好きになっていた

赤い帽子のツバが曲がって 隙間から覗く

大きな瞳に夜が来たとしても

風が吹いてもあたし目が離せない

提供: うたまっぷ