歌詞

雫(しずく)

藍坊主

作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太

涙は枯れ果てはしない 吐き出しそうな嫌悪の雨

降っては心をにごらせ ひどく空っぽになるまでさらってく


君はどこまで歩いてゆくの 寂しそうに笑いながら

楽しくない笑顔なんて 僕は見たくない

少女の瞳 影に残して 煙を吐き捨てる

雨の中溶けていった 灰色と涙


雨音に遠のいてく やわらかな陽の光

無力だろう 孤独だろう それが僕らだろう


涙は枯れ果てはしない 吐き出しそうな嫌悪の雨

降っては心をにごらせ ひどく空っぽになるまでさらってく


君は再び歩き出した 雨上がりのにおいの中

夕焼けは全てのものを同じ色にした


とうがらし色の煙 空に舞って消える

水たまりも 君の影も 斜陽の中


涙は枯れ果てはしない 吐き出しそうな嫌悪の雨

降っては心をにごらせ ひどく空っぽになるまでさらってく

提供: うたまっぷ