歌詞

サンデーモーニング

藍坊主

作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太

ハウスダストが光って 陽の光りに浮かんでる

布団にくるまっていたら たまご焼きの匂いがした

食器の音が響いて 誰かの笑い声がして

僕はなぜか不安になった ひどくひどく悲しくなった


おだやかに安らぐ瞬間を僕は求めて探してるはずなのに

時々幸せなことが空しさに変わるんだ


そう僕のこんな感情はもういらない いらないよ

いつだって 胸が痛むんだ どうして笑えないの


朗らかな人達の 純粋ないたわりを

うっとおしいと感じる 自分が時々ここにいる


己を知れば知るほど わからないよ

いつでも あたたかい人でいたい

そう願えば 願うほどに 汚れてゆく気がして


そう僕のこんな感情はもういらない いらないよ

いつだって 胸が痛むんだ どうして笑えないの


みんなで手をつなぎましょう

笑顔を絶やさずに過ごしましょう

こんなセリフを聞くたび

いつからか 眉間にシワが走った

もうたくさんだとつぶやき 自分をごまかしてた


そう僕のこんな感情はもういらない いらないよ

いつだって 素直でいたいよ そうだろ いつだって

提供: うたまっぷ