歌詞

プロローグ

BREATH

作詞
金築卓也
作曲
菊池一仁

青ざめた空 今日も太陽は一人微笑んでた

あんな風に 強く生きたいと

途方に暮れて 時間が過ぎる


輝く事知らない 小さなダイヤモンド

あの優しさに 触れるだけで

心の色は澄んでくのに


愛は悲しいから いつも儚いから

涙が溢れるばかりで


もう一度だけ 微笑みかわせたら

あなたを連れてゆく 情熱の彼方へと


深いため息 窓の向こうは滲む風の街

張り裂けそうな この情熱は

もうこれ以上 届かないの


嗚呼 あの交差点で 嗚呼 初めて気づいた

思いきり 背伸びするよりも

等身大の自分でいい


愛は悲しいから まるで迷路だから

いつでも戸惑うばかりで


傷つく為 生まれた訳じゃない

素敵な人生を あなたと生きてゆく


大好きだった映画の 綺麗なエンディング

ゆっくり幕が降りて行く


あなたの存在が 泣けてきちゃうくらい

何度もよみがえる


愛は悲しいから いつも儚いから

涙が溢れるばかりで


もう一度だけ 微笑みかわせたら

あなたを連れてゆく 情熱の彼方へと

提供: うたまっぷ