歌詞

EMILY

清春

作詞
清春
作曲
清春

僕は何度か触った香りに夢中さ

君はとっても優雅な快感だった

銀のピアスは表情伝いに揺れてる

ロマンチストになりたい意識は空白


僕は裸の王様気取りで歌った

急にとっても憂鬱に聞こえる音楽

転落する安心感さえ不安で

首のタトゥーに巻いたスカーフを取った


HALLELUJAH HALLELUJAH Now is over

HALLELUJAH You'er feel like a Ballerina

Ballerina


EMILY メルヘンは最後を飾った楽園だったよ So fade 忘れそうで

EMILY 甘い旋律キャンドルの向こう側から今日もそっと君を見る

EMILY 大好きなヒロインの香り ヴェールは氷の色で 覚えたね

EMILY また現れてはすぐに消える永遠だったね So fame

僕の EMILY


弱い気持ちで吸い込む春は短く

君が居たって一人になってる様さ


暗い出口の方向(明日を)探して歩いた

フェイクファーのブーツを履いたカウボーイ

悲しくはないから 重くはないから

笑ってよ 夢から覚めない様に


HALLELUJAH HALLELUJAH Now is over

HALLELUJAH You'er feel like a Ballerina

Ballerina


EMILY メルヘンは最後を飾った楽園だったよ So fade 忘れそうで

EMILY ライオンの群れが君のドレスを剥いではそっと狙ってる?

EMILY 大好きなヒロインの香り ヴェールは氷の色で 覚えたね

EMILY 再会を繰り返せるよ永遠だって魔法で

僕の EMILY


僕は何度か触った香りへ夢中さ

それはとっても素敵な開放感さ

呆然と想像の明かり消して

狭い世界で救われていた最愛

提供: うたまっぷ