歌詞

ヒカリ

hitomi

作詞
hitomi
作曲
小幡英之

風に揺れて希望の花咲く 明日をまた夢見眠る

この空に息ずくMelody


言葉なくしつまずいた日々が その先のネ 光目指し

そして君がそばにいたから


愛を疑ったコトも ボクが存在する価値も

今はココロの奥で

トビラ閉ざさずにそっと 明らかな意味を持って

この道を照らし出す そして進もう


新しい光が僕らを映すから

その夢に手を伸ばしてみよう

永遠に続いてくモノなんてなくても

繋がってくんだろう


形にまたはめようとして はみだしてしまう

自分らしさって コトバに縛られては

見失ってるから


風になびいてく季節も 誰かの優しい笑い声も

そっと日常の中で

答えなんてなくっても 君がいればそれでいいよ

そんな単純なコト 大切にしたい


あたたかい光がそっと包むから

なんとなく"始めよう"なんて思う

君と見た夢を 描く全てを

探しに行こうよ


影を落とす日でも

夢見失っても

そっと微笑んで

その先へ向かおうよ


あたたかい光が僕らを包むから

なんとなく"始めよう"なんて思う

新しい光が僕らを映すから 共に行こう

君と見た夢を 描く全てを

探しに行こうよ


光の中で...

提供: うたまっぷ