槇原敬之 「優しい歌が歌えない」
再生

ブラウザーで視聴する

槇原敬之 「優しい歌が歌えない」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

槇原敬之 「優しい歌が歌えない」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
槇原敬之 「優しい歌が歌えない」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
槇原敬之 「優しい歌が歌えない」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
槇原敬之 「優しい歌が歌えない」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

槇原敬之 「優しい歌が歌えない」

歌詞

優しい歌が歌えない

槇原敬之

作詞
Noriyuki Makihara
作曲
Noriyuki Makihara

抱えた苦しみは誰のせいと

人をひどく責める的はずれを

何度も何度も繰りかえして

苦しみは前より増えるばかり


同じページを捲りすぎた

本のように日々はすり切れて

自分の中を見る以外に

もう術はなくなってしまってた


そこで僕は確かに見たんだ

総てを人のせいにして

だれでも平気で傷つけるような

もうひとりの自分が

こころの中で暴れながら

僕をぼろぼろにするのを


はじめてのぞいた心の中は

見たこともない暗闇で

僕はとても怖くなって

何度も足がすくんだ


夏に間に合うように木の葉は

日陰を作ろうと大きくなり

木の葉曇る小さな陰を

愚か者にも分けてくれる


責めるつもりなど無いというように

葉音の歌を歌ってくれる

人に生まれたはずの僕は優しい

歌の一つも歌えない


たとえ何か出来なくたっていい

せめてこれから生きるときに

同じような事を繰り返して

誰かをまた傷つけぬよう

こころの中をどんなときも

見つめられる強い自分になりたい


はじめてのぞいた心の中が

あんな闇に包まれていたのは

自分をかばう僕の手が

光を遮っていたからだ


この気持さえ身勝手な

想いと今は解るけど

本当にすまないことをしたと

今すぐ謝りに行きたい


木の葉曇る背中を押すように

突然強い風が吹いて

立ち上がると僕の行く

5月の道が光っていた


優しい歌が僕にも

歌えそうだ

提供: うたまっぷ

関連映像