歌詞

夢なかば

一青窈

作詞
一青窈
作曲
武部聡志

たらりら

水の溜まりをよけて

午后イチ あの娘が過ぎる.


睦月は

白い梅も咲きどき

ついぞ誘う 歌の占


はじめてをとって 結んでもどって

僕から好き、になる。

いつしか 踵 から 現の途中

またも手をとって 君、はだけど・・・って

だんだん飛び模様 振り出しからはじめ! ~夢なかば~


ぱらりら

羽子とはおる笑い染め

向かふは赤坂見附


思う我

ママに似た「おかえり。」で

年の差、なぞ 忘れ雲


なんどてをとって 結んでもどって

君から好き、になれ!

相変わらず げんまん 切れない癖 に

またも意地はって 僕、が だけど・・・って

けんけん飛び越えた 終わりのないふたり ~夢なかば~


はじめてをとって 結んでもどって

僕から好き、になる.

うつつ と 小指 だけ が おいてけぼり

またも手をとって 君とだけ、と ・・・って

好きでは物足りず!! 終わりのないふたり ~夢なかば~


終わり のない ふたり ~夢なかば~

提供: うたまっぷ