歌詞

一思案

一青窈

作詞
一青窈
作曲
井上陽水

柴犬を飼ったのは

生まれ変わりだと思い込みたい少女、の ごっこ遊び

エンジに日焼けた大きすぎるつっかけ

母のかけ水に派手すぎるビキニ

いつから廻り階段に慣れて あの頃のまま かさばり雲むっつ


白地図を埋めたかったのに

言問橋で初恋を落としてしまった 娘

大人顔で振り向いて

ごらん

実を結ばないことだらけの汗、が

やっと やっとで沈丁花となって咲いた

うまれてよかった


ゆれて束の間 青いだけ

流れゆくのは 誰だっけ

うれしさみしさ、は あわせ成れ と

恋し家路 までに 一思案


見守ってくれた父にかわる昨日 は

いちまいいちまいはがされた

貴方に、です

傷つきやすいあたしになれた けれどけれども

いつ叶うのかわからない

別にいいことなんかなくていいもん

あってもいいけど


ゆれて束の間 青いだけ

流れゆくのは 誰だっけ

うれしさみしさ、は あわせ成れ と

恋し家路 までに 一思案


我和※之間 只是藍々的

怎麼不想起 是誰揺々的

為了高興跟悲哀 表裏一致的

還缺点児什麼 我思量 在帰路


※(表示不可文字で「イ」+「尓」という文字になります。)

提供: うたまっぷ