歌詞

疾風怒濤

CANCION

作詞
CANCION
作曲
CANCION

風を斬って走り抜ける僕らは戦士

月を追いかけてる

悲しみのつぶてに押し潰されそうになっても

負けることなく 立ち向かってく

疾風怒濤の僕らは


千年の時代を生き継いだ花

包み込むように見守ってきたよ

枯れることなく強く根を張る

揺るぎない魂たち


砕け散りゆく夢は儚く

抜け穀だけが土に帰るよ

ココロノハナは今も咲いてる

灰になってもあきらめずに


強い光が雨を降らし 荒い波が大地を呑み込む

すべてが命にこだまして 暗闇を引き裂く


風を斬って走り抜ける僕らは戦士

月を追いかけてる

悲しみのつぶてに押し潰されそうになっても

負けることなく 立ち向かってく

疾風怒濤の僕らは


都会の中に生きられぬ鳥

荒野の果てを飛び続けて行く

心の中で少し泣いてる

果てしない孤独の旅


白い翼を背に携え 淡い虹が明日へと誘う

すべてが命にこだまして 光を放ち出す


傷を負って戦い抜く不屈の闘志

燃やし続けている

絶望の底にたとえ突き落とされたとしても

迷うことなく 這い上がってく

疾風怒濤の僕らは


風を斬って走り抜ける僕らは戦士

月を追いかけてる

悲しみのつぶてに押し潰されそうになっても

負けることなく 立ち向かってく

疾風怒濤の僕らは

提供: うたまっぷ