歌詞

アルエ

BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央

白いブラウス似合う女の子 何故いつも哀しそうなの

窓ぎわに置いたコスモスも 綺麗な顔うなだれてる

青いスカート似合う女の子 自分の場所を知らないの

窓際に置いたコスモスも 花びらの色を知らないの


いつか君はブランコに揺られて いたいけな目を少し伏せて

哀しい顔で俯むいた 「私は独りで平気なの」


ハートに巻いた包帯を 僕がゆっくり解くから

日なたに続くブリッジを探しておいで

哀しい時は目の前で 大声出して泣いてよ

そんな寒いトコ今すぐ出ておいで アルエ…


僕の大切なアルエ 一人で見ていた夕焼け

僕も一緒に見ていいかい 僕も一緒に居ていいかい

僕の大切なアルエ 本当はとても寂しいんだろう

僕はいつでも側に居る 僕がこれから側に居る


君は人より少しだけ 無器用なだけの女の子

「嬉しい時どんな風に 笑えばいいか解んない」


ハートに巻いた包帯を 僕がゆっくり解くから

笑顔を写すスライドの準備しといて

嬉しい時は目の前で 両手叩いて笑ってよ

そんな寒いトコ今すぐ出ておいで アルエ…


ハートに巻いた包帯も もうすぐ全部解けるよ

怖がらないで素顔を見せてごらんよ

嬉しい時に笑えたら 哀しい時に泣けたら

そんな寒いトコ今すぐ出て こっちにおいで


ハートに咲いたコスモスが 枯れない様に水を遣ろう

青空の下で揺れていてすごく綺麗さ

ブリッジで撮ったスライドは 君が生きてるって証拠さ

暖かい日溜まりの中で一緒に 手を叩こう

提供: うたまっぷ