歌詞

あの夏から一番遠い場所

GLAY

作詞
TAKURO
作曲
TAKURO

夢なんていつだってすぐ傍らにあった

日焼け前の Poker Face くしゃくしゃにして

海辺までの運転をくじ引きで決めたよな

それなのにね Ocean Drive うたた寝していたよな


眩い日々の罪 今でも時々は心をボードに乗せて泳がせてみて


あの夏から一番遠くに来たね

巡り合う奇跡を道標にして

あの心と心が通った場所は今も胸にある

ずっと焼きついている

瑠璃色の風を探していた

Lost Summer Days


折からの台風が近づいていると聞いて

前時代のエンジンを噴かして 僕ら急いだんだ

立ちふさがる運命は潰せると思っていた

そばにいた仲間にさえ強がり そして沖へ出た


なぜだろう?

悔しさも感じなくなる程に情熱に背を向けていたのは僕の方なの?


あのメロディーが一番輝いてた夏に君の手を離した 人波に紛れ

ただ無邪気で残酷に求めすぎた蒼さ 自由と引き換えに"何か"を失った

僕らはいつでも試されていたんだ


恋ほど無垢でもなく 愛する覚悟もなく

理想と現実の間ただ揺れるばかり


あの夏から随分遠くに来たね

巡り合う奇跡を道標にして

あの心と心が通った場所は今も胸にある

ずっと焼きついている

瑠璃色の風を探していた

Lost Summer Days


約束のない現実社会を歩く友よ

いつかあの夏に一番近い場所で

提供: うたまっぷ