歌詞

Chapter01

矢井田瞳

作詞
矢井田瞳
作曲
矢井田瞳

なんか足りない乾いた日々に

あなた色の水滴が落ちた

今日あたり誘い出して

寂しさ忘れる程のキスがしたいわ


雨も止んだし 成り行き任せ 行けるとこまでいこ


助手席のスクリーン 私だけに見せて

光と影のメロディ 溺れていたいわぁ

トンネルを抜けたら 海よ


がらにもない服を着て

ありえない引きだしも見せてみたい

先は長い 焦らないで

ひとつになりたい だから


飽きたりしないで 遠くに行かないで

たまには褒めて 手のひら踊らせて


助手席のスクリーン 眩しさに満ちてく

さりげない仕草が 揺れるまつげの色が

気になってしょうがないわぁ


物語はプロローグ それは世界の終わりまで

瞬きをするあいだに 消えたりしないでね ハニー


地球の裏側の 恋人同士が

羨むほど愛して 連れ去って欲しいわぁ

スカートの砂はらって サイドミラーたたんで

このままこの魔法に しびれていたいわぁ


連れ去って 寄り添って はぁい

提供: うたまっぷ