歌詞

Ordinary hero

CHEMISTRY

作詞
河合忠
作曲
佐藤泰司(THEATRE BROOK)

うつむきかけたキミの後ろ姿の

肩を叩いて勇気づけられるのは

誰もいないという現実

"当たり前"というセリフが

テレビから今聞こえてきたよ

ハリウッドでしかありえないヒーローが

生まれ変わる

ありふれたシーンが過ぎ去って行く

ボクはキミを迎えに行こうと思いつく


赤い夕陽を覆い隠そうとする

分厚く黒い雨雲がやってくる

夕立かな、憂鬱だな

避けられない 恵みの雨

テレビではヒーローが空を飛ぶ

窓の外 カラスが空を飛ぶ

ボクは 今 キミを迎えに行こうとしている

窓の外は分厚い雲に覆われてる

カサを1つだけ持ち 迎えにいくよ

エンドロール見終わる前に キミのトコへ行くから


近道はしないで、一歩ずつ歩いていくつもりだよ

ヒーローじゃないボクはヒロインじゃないキミのトコロへ


ボクは 今 キミを迎えに行こうとしている

ヒーローはヒロインを抱き 熱いキスのシーン

カサをさせど無意味な程の雨が降る

ボクは 今ドアを開け ゆっくりと歩き出す


キミを迎えに

キミのトコロへ

もう近道はしないで

提供: うたまっぷ