歌詞

meaning of tears

CHEMISTRY

作詞
川畑要
作曲
斉藤有太

懐かしい君の面影 留守電の声 あの日のままで

部屋中香るラベンダー 消える事なく残ったまま

窮屈に並んだままの おろしたての小さな靴

いつもキミが観てたドラマ 独りでずっと 録り続けて待ってたけど


喜ばすのが下手な僕は むきになってばかりで

好きな花でも飾って置けば 少しだけでも思い伝えられたのに


古ぼけて捨てられたままの玩具のようにただ目を閉じて

失って気付いた儚さ 渇き果てて錆び付いた涙


寒空に落ちる夕陽 君が押したドアのチャイム

ソファーに置かれた鍵と 壁にもたれる見慣れた赤いコート


冬空に浮かぶ星眺め語り尽くした恋物語

閉ざされた空白の時間 そっと胸にしまい込む強さ


忘れかけてたぬくもり

痛み癒えて眠る 君の頬にそっと手をそえた 消えてしまわぬように

どんな夢見てるのだろう? 隣に横たわり朝を迎えよう


古ぼけて捨てられたままの玩具のような日々が遺した

また二人出逢えた喜び 零れ落ちる明日への涙

満たされた涙

提供: うたまっぷ