歌詞

BLUE KNIFE

相川七瀬

作詞
相川七瀬
作曲
AKIHIDE

青色のナイフで 空を切りつけた夕立のように

あなたは突然に 私の前に現れて

最初から私の事を選ばない事は知ってる

だけど許される時まで こうしていつまでも側にいたい


人は独りで生きられないの 本当は寂しがり屋で

強がり言っても 誰でもみんな同じで

どうして人は愛されるよりも 愛したいと願うの

傷つく恋ほど選んでしまう


目の前で見てるのに すでに記憶の中にしかもういない

虹のようにあなたを 遠くに感じてしまうから

別れた渋谷の交差点 人混みに消えてく背中

逢う前よりも逢った後の方が いつも私寂しくなる


人はすぐ忘れてしまうから 心は変わり続けて

さめざめ泣いても いつかは色褪せてしまう

どうして人は愛しすぎる事 いつも止められないの

不器用なほどに選んでしまう


思い出だけじゃ生きられないよ 今の証が欲しいよ

心を切りつけてみても 想いは変わらず

どうして人は愛されるよりも 愛したいと願うの

傷つく恋ほど選んでしまう

提供: うたまっぷ