歌詞

stay

古内東子

作詞
古内東子
作曲
古内東子

頬に落ちたまつげを取って

ふいに抱き寄せられた夜

あの時のあなたの温度、何度も思い出そうとした

紺色の大きなコート

大好きなにおいとぬくもり

あの頃のあなたの笑顔、何度も思い出そうとしたの

いつからだろう

ほんの小さなやさしさが消えてしまったのは


stay

どんなスピードで走っても

stay

その背中だけを追い掛けたかった

今ではもう遅いけど、遅いけれど


巻き忘れた時計が少し遅れて

やがて止まるように

大切なものはいつでも

音もなく壊れていくのね

ほんの小さな言葉もふたりには必要だったのに


stay

いつかあなたが立ち止まり

stay

振り返る時に初めて気づくでしょう

すべてが変わったことも、終わったことも


stay

どんなスピードで走っても

stay

その背中だけを追い掛けたかった

今ではもう遅いけど、遅いけれど

提供: うたまっぷ