歌詞

パレット

唐沢美帆

作詞
Miho Karasawa
作曲
Toshiaki Matsumoto

傷を濡らした 日々は今はもう遠くて

与えられて歩き疲れて あなたに寄り添う

いくつ言葉を 並べてかえるよりも傍で

空見上げて風を感じて 季節を巡ろう

触れてみては離れてく いたずらに戸惑って


新しいものヒトツ またヒトツ探しては

涙して笑ってありがとうを見つけよう いつまででも


季節はずれの 雨音にリズム感じて

こころの中曇りそうでも いつか晴れるから

少しづつ溶けてゆくの 生まれたての未来へ


瞳から溢れ出す 透明な想い出を

やわらかい色に染めることが出来るのは あなただけよ


「ひとりだって生きてゆけるはずさ」

そんな強さ持たなくてもいい


新しいものヒトツ またヒトツ探しては

涙して笑って ありがとうを見つけよう いつまででも


舞い降りてゆく 色づいてく

見つけたものを 繋いでく

描き出した喜び 全部 あなたの中にある


舞い降りてゆく 愛しくなって

見つけたものに 涙して

降り注いだ喜び 全部 二人の糧になる

提供: うたまっぷ