歌詞

月を浴びて

唐沢美帆

作詞
Miho Karasawa
作曲
Hideyuki Komatsu

頼みなく揺れる 薄明の月の下

無情に寂しさ 運んでる

嘘と唇を 重ね合わす数だけ

不思議ね全てが かすんでく

だけどわかっているから 誰かのモノなんだと

今はこのまま抱いて欲しいの 全て満たして


重ね合う胸の奥 淡い記憶残して

役立たずの月さえ 綺麗で涙こぼれる


薬指の影 あなたの帰る場所ね

此処に残るのは 香りだけ

何故か傷つく程に あなたが愛しくなる

少し正直でいたいだけ 偽りとしても


間違いだらけの愛 気付かないふりしてよ

許されぬ想いでも 夜の中に隠して


もっと傷つけて 恋した証を残して

心の雫 想い出と変わって 時にのまれていくから


重ね合う胸の奥 淡い記憶残して

役立たずの月さえ 綺麗で涙こぼれる

間違いだらけの愛 気付かないふりしてよ

許されぬ想いでも 夜の中に隠して


二人の記憶を...

せめてこの歌に遺して...

提供: うたまっぷ