歌詞

雲の上から

ケツメイシ

作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ

いつもここ広がる雲の上

皆の住む町から遥か遠くで

ただ見守るこの世の行く末

幸せ祈る常に胸の奥で

いつからか自ら雲の上

今日も今日という名の日が暮れ

明日は明日でまた夢見させてくれ

いつまでもいつでも雲の上


小さく小さく見える人ひとり

憤り感じながらも見る緑の中で

あーだ こーだ 言う人々もきっと

どこかで 祈るように

手と手合わせ願う世界平和

目と目合わせ理解しあった結果

ブレーカーが落ちたように収まるケンカ

そりゃーそうさ もともと 同じ人間さ

そうさ!上から見下ろせば 豆粒にも満たない

ただの1コマ そう思えたらきっと

くだらない争いも少なくなるだろう

えばったって ただ泣いてたって

何も変わらないし 何も解らないし

目をつぶって ただ願ったって

意味もないことに気付くだろ


いつもここ広がる雲の上

皆の住む町から遥か遠くで

ただ見守るこの世の行く末

幸せ祈る常に胸の奥で

いつからか自ら雲の上

今日も今日という名の日が暮れ

明日は明日でまた夢見させてくれ

いつまでもいつでも雲の上


今日もどっかで誰かが手を合わすその手を叩く 救いの手をかざす

信じるじない次第君次第

僕の力なしで出来ると信じたい

人前では笑い一人泣いている人

いつも強がっては気にする人

虫は殺せず子供ばかり傷つける人

心の中にもう1人君にも

喜びも苦しみも辛く耐えた日も

お見通しよ 今日もここでお祈りを

辛い時 僕頼りにしていいよ でも

全ては君なら 任かすな生き方

順番だから方や辛さ今だけ

幸せに繋がる道にしたまで

そこじゃ見えない ここじゃ何も言えない

けど日が昇る明日も見守る


いつもここ広がる雲の上

皆の住む町から遥か遠くで

ただ見守るこの世の行く末

幸せ祈る常に胸の奥で

いつからか自ら雲の上

今日も今日という名の日が暮れ

明日は明日でまた夢見させてくれ

いつまでもいつでも雲の上


俺はお空からの番人 すべてお見通し安心なさい

些細な事は打ち払い笑いながら生きていけるように君の事を見ている

はるか空からはいつも見てる そして見守る

寄り添う2人にたまには光をぶつかる2人に落とすカミナリを

ちっぽけだなと人は知っとけばなあ

かるくマイペースで歩いていく人がやがて大成功するだろう 来るだろう君の時代が

未来担いたい と思う心偉大だ

綺麗ごとでなく真に綺麗なこと

誰も見ていない処で綺麗な事をしている奴に届けこの俺のエール

君の将来の勝敗は勝ち100%

だから暴れてくれ 俺は見届けてるぜ そんな君に俺がさす光 永遠


今こうして 地球の上 程の近くで

なぜ どうして 胸の奥で 喉の奥で

止まってる 言葉を今 吐き出そう

こらえ切れずに いる事も きっと

変わってく 解ってる 時代も時も

変わってく 解ってる 未来の声も

雲の上から見れば 空の上から見れば

きっと どうにかすれば

いつか どうにかなるさ

提供: うたまっぷ