歌詞

ひと駅歩こう

SMAP

作詞
三井拓
作曲
谷本新

途中下車して地上に出た

天気はいい

いつも渋滞の道路を尻目に

ひと駅歩こう


道で倒れたコドモが泣いてる

どうしようと考えた

別の人が先に手を貸して

ほっとしたり情けなかったり

苦笑いさ


理由もなくいいひとになったり

意地悪だったり

そんな揺れる気持ちのまま僕の

毎日が回っている

背伸びをしたら背骨

パキンと音をたてた


アクセサリー売りのお兄さん

調子どう?

まぁねなんて笑い返しながら

色々だから


昔通ったあの店たしか

この辺りだった

横道に入って探したけど

ちがう店にすっかり変わって

君もいない


冬の日にはあのイルミネーション

きれいだったね

今は空にヒコーキ雲のびて

足早に季節すぎた

もうすぐ夕暮れの 匂いが街をつつむ


ずっと積み重ねてきたものぜんぶ 机に並べて

カタチにしておきたいけれど

まぶたつよく閉じなければ 見えなくて


冬の日にはあのイルミネーション きれいだったね

今は空にヒコーキ雲のびて足早に季節すぎた

なんか少し分かってきた僕が

悲しいけれど

無駄なこともしょうがないことだって

今日は許せてしまえる

もうすぐ別の駅

電車の音が近い

提供: うたまっぷ