歌詞

メロディーフラッグ

BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央

疲れたら ちょっとさ そこに座って話そうか

いつだって 僕らは 休む間も無く さまよった


目にも止まらない速度で 世界は明日へと向かう

響く鐘の音の様な あのメロディーはなんだっけ


白い紐靴が ふと気付けば 土の色

こうやって いくつも お気に入りは汚れてった


何も無かったかの様に 世界は昨日を消してく

作り笑いで見送った 夢も希望もすり減らした


変わる景色に迷う時 微かな音が目印になる

消える景色のその中に とり残された時

響く鐘の音の様な あのメロディーはなんだっけ

昨日や明日じゃなくて 今を唄った歌


生きてきた分だけ 増えた世界が 作る迷路

その中で僕らは 目印を深く 突き刺した


どのくらい遠く離れたの? いつから独りに慣れたの?

風に揺れる旗の様な あのメロディーを思い出して


そこで涙をこぼしても 誰も気付かない 何も変わらない

少しでも そばに来れるかい? すぐに手を掴んでやる

風に揺れる旗の様な あのメロディーを思い出して

遠い約束の歌 深く刺した旗


全てが形を 変えて 消えても

その耳を 澄ましておくれ

涙目を 凝らしておくれ


響く鐘の音の様な

ホラ

風に揺れる旗の様な


あのメロディーはなんだっけ 思い出して


僕らは嫌でも明日を迎えて いつかは昨日を忘れる

そして 今 君の手を 掴む為のメロディーフラッグ


そこで涙をこぼしても 景色は変わり そして消えてく

少しでも そばに来れるかい? 必ず見つけてやる


変わる景色に迷う時 微かな音が確かに響く

消える景色のその中に 消せない旗がある


ここで 今 君の手を 掴む為のメロディーフラッグ

遠い約束の歌 深く刺した旗

提供: うたまっぷ